具体的不具合例

古いインターホンのまま使い続けると、いろいろな不具合が発生します。

住戸玄関子機居室親機
共同玄関(エントランス)に設定してあるインターホン居室内に設置してあるインターホン
画像の説明[check]呼び出し、通話ができない。画像の説明[check]呼び出し、通話ができない。
[check]呼出音がならない。[check]呼出音がならない。
[check]呼出ボタンが押せない。
集合玄関機管理室親機
共同玄関(エントランス)に設定してあるインターホン居室内に設置してあるインターホン
画像の説明[check]オートロックが解錠できない。画像の説明[check] 呼び出しできない住戸がある。
[check]住戸を呼び出せない。[check]誤報が多くなった。
[check]通話音声に雑音が混じる。[check]通話音声に雑音が混じる。
[check]パネルの文字が変色して見にくい。


15年以上経過すると、修理ができなくなる可能性が高まります。

  • 現在、各インターホンメーカーの補修用性能部品(機器の機能を維持するために必要な部費や基盤)の保有期間は、生産終了後、約7年です。
  • つまり、故障した場合に修理できなくなる可能性が高まります。今のうちにインターホンを新しいタイプに取り替えておきましょう。



こんな不具合があったらインターホンリニューアル!



画像の説明





a:1322 t:2 y:0